データのバックアップ

1.はじめに

消えたり壊れたりしては困るデータは、バックアップを取っておきましょう。 誤操作、 ハード障害、ウイルス感染など、データが消えたり壊れたりする危険性は沢山あります。

2.バックアップ先

バックアップは別のハードウェア(媒体)に取りましょう。

3.バックアップの頻度

回復したい状況によって決めましょう。

例えば、1日単位の回復が必要な場合は、毎日バックアップを取ります。

4.バックアップの方法

回復し易い方法で決めましょう。自動バックアップは楽そうですが、回復方法がわからず戸惑う場合があります。

[参考]